はじめにギアのグループ分けをして身を守るものから最優先に購入しましょう

キャンプ道具は本当に数多くのものが存在しますが、初心者の方が一気にたくさん購入していくのは経済的にも厳しいもの。優先順位を付けて少しずつ購入していきましょう。

キャンプギアは下記の様にグループ分け出来ます。

  • 基本装備
  • 寝室用装備
  • リビング用装備

優先順位としては、キャンプ場で安全に過ごすためのもの、身の安全を守るためのギアを最優先に揃えていきましょう。

例えば夜間で活動するための照明器具や防寒具などは最優先!続いて、寝室に必要なテントやシュラフ(寝袋)などになります。

おしゃれキャンパーさんの写真を見てみんなが欲しくなる、リビングに置かれるキャンプギアや調理器具はキャンプを快適に過ごすための便利グッズになるため優先度は低めです。

キャンプに必要な最低限の必須アイテム

これだけは必ず持っていきたいアイテムです。

  • 照明器具
  • 防寒具
  • 保険証や薬箱、応急処置グッズ等、非常時の備え

寝室に必要なアイテム

日中のみのデイキャンプであれば不要ですが、野宿する場合は必須です。

  • テント
  • シュラフ(寝袋)
  • スリーピングマット

テント

これは言わずもがな、キャンプで野営をするなら必須アイテムです。

シュラフ

キャンプ場など、野外で就寝するためにはこれが必要です。夏場でも夜中や朝方は冷えるので必須アイテムと言ってよいでしょう。ただ、オートキャンプ場などでは家庭用の布団を持ち込んでいる方もよく見かけます。代用品があれば、優先順位はやや低いかもしれません。

スリーピングマット

シュラフの下に敷くためのマットです。これは、硬い地面にシュラフを引く際に更に柔らかくして寝心地を良くするという意味合いもありますが、重要なのは断熱性です。

地面からの底冷えを軽減させるためのアイテムです。これがないと底冷えして夜中に目覚めることもしばしば。優先度を下げがちですが、これはあった方が身のためだと思います。

リビングスペースに必要なアイテム

難しく考える必要はありません。キャンプにあると便利だなーと思うものを持っていきましょう。

  • ランタン、照明器具
  • タープ
  • ストーブ
  • クッカー
  • クーラーボックス
  • ウォータータンク
  • カラトリー
  • テーブル、チェア
  • ナイフ
  • その他調理器具

ランタン

オイル式やLED式など様々な種類がありますが初心者キャンパーはLED式一択です!まずは手頃なものをお買い求めください。テント内などでのオイルランタン使用は命に関わるため、まずはLED式ランタンで場数を踏んでください。

タープ

日除けに必要なアイテム。比較的日差しの弱い冬キャンプでも、太陽の日差しを遮るものや簡単な小雨をしのげる屋根はあった方が良いでしょう。夏場はこれが無いと地獄を見ることになるでしょう。

ストーブ

ここで言うストーブとは、調理に使用するものです。カセットコンロ等、家庭用の代用品があればそれを持っていくのもありです。焚き火やバーベキュー用の炭ですべてをまかなうのは結構大変です。カップラーメンや温かいコーヒーを飲みたい時など、手軽に火を起こして火力調整できる器具があると安心です。

クーラーボックス

冬場はなくても大丈夫かもしれませんが、夏場は必須です。また、野外では食べ物をそのまま放置しておくと夜中に動物に荒らされる場合もあるので、身を守るためにも用意した方が無難。

ウォータータンク

これは初心者が忘れがちなアイテムの一つ。キャンプ場には炊事場が整っているところが多いですが、自分のサイト内で調理を行う場合は水が必須。これが無いと何度も何度も水道とサイトを往復するハメになります。

カトラリー

お箸やスプーン、フォークなどのことです。コチラは家庭用もので問題なし。

テーブル、チェア

キャンプを快適に過ごせるものを選びましょう。選び方のアドバイスとしては最初はコンパクトに折り畳めるものがよいのではないでしょうか。

ナイフ

無くてもなんとかなるけどあると便利です。食材をカットしたり、包装を開けたり、木の皮を削ったり、いろいろな使いみちがあるので一本あるといいですよ。

その他調理器具など

家庭での調理で普段使っているものを持っていけばOK。調味料やまな板、包丁、クッキングペーパーなど。

普段使っている家庭用品を持ち込みましょう

  • ジップロックなどのプラスチックバッグ
  • ウェットティッシュ
  • 石鹸
  • スポンジ
  • ライター
  • 紙コップ、割り箸
  • ブルーシート
  • タオル
  • ゴミ袋

プラスチックバッグ

ジップロックなどのファスナー付きのものがあれば、残った食材や生ゴミなどの持ち帰りにも便利。

石鹸

手洗いや簡単な洗い物に。食器洗い用洗剤には注意。キャンプ場周辺の環境に配慮した無添加の石鹸を持参しましょう。

ブルーシート

ブルーシートは地面に敷く以外にも、雨を簡易的に避けたり、荷物の保護にも使えるので1枚あると良いでしょう。